ナビ エアコン 横浜 共立電気 ホームページカーエアコン カーナビ バッテリー オルタネーター スターター コンプレッサー リビルト
車の電装 電気 修理 整備 取付 持ち込み 出張可 快適カーライフのサポーター!
神奈川県 横浜市 本社・神奈川区/港北(営)・都筑区 共立電機
Line up

| ディープサイクルバッテリーとは? | 高性能の理由 | 商品一覧 | 互換表 | オプション |
| 装着例 | 取り扱い説明書 |

◆ OPTIMA/取り扱い説明書

オプティマバッテリーは工場出荷時に予め充電を行っておりますので車輌等取り付け後直ちに御使用いただけますが、ディープサイクル用途の場合は性能を十分に発揮する為に100%の充電を必要としますので補充電が必要な場合があります。


取り扱いに際しての △注意   △警告   △危険

・火気厳禁:オプティマバッテリーは再結合方式の為、正常時はガスの発生は有りませんがバッテリーケースを壊したり過充電を行った場合、又は高温にさらされた場合に水素ガス、酸素ガスを発生させる事があります。安全確保の為バッテリーを取り扱う際には火気、スパーク等にご注意下さい。又、火中に投入する事もお止め下さい。

△爆発注意  〇火気厳禁  △高温注意

・破損/分解厳禁:バッテリーケース破損等により内部物質と接触した場合は直ぐに水で洗い流して下さい。特に目に内部物質が入った時は直ぐに目を水で洗い即急に専門医の診察を受けて下さい。

又分解、改造は火災や爆発の原因になりますので絶対にお止め下さい。更に破損の原因に成らない為にもバッテリーの持ち運びには付帯のストラップをご使用下さい。

分解禁止

・感電注意:ターミナル、ブスターケーブルの取り付けはプラス側(+)より行い、取り外しはマイナス(_)側より行って下さい。同時に行ったり、順番を間違えるとショート、感電、システム等の破損の危険があります。又、固定も確実に行っていただき他の金属部品と接触しないようにして下さい。尚、その時に用いる工具(スパナ、レンチ、ペンチ等)はテープ等で絶縁処理をした物にして下さい。短絡事故等によりやけど、引火の危険があります。又、バッテリーの取り付け、取り外しを行う場合は車輌及び使用機器のスイッチは必ず切ってから行って下さい。

△感電注意   △発火注意

・水場の使用禁止:バッテリーの取り扱いは必ず水、雨のかからない場所で、乾いた手で行って下さい。

感電、短絡の危険があります。    〇水場の使用禁止


特徴と使用方法

・寿命特性:レッドトップは完全放電に対して50サイクルの寿命と成っております。
したがって頻繁に深放電を繰り返しますと寿命の減少となります。
イエロートップとブルートップはそれが350サイクルですがこの回数を超えるとやはり寿命の減少となります。

・エンジンスタートでは12000回(200A/3秒間)まで使用可能ですが、いずれも使用条件で異なる為これは目安とし、実際には購入先で定期点検を行って寿命が来る前にお取替え下さい。

・使用環境:適正使用温度はマイナス18度_プラス50度(摂氏)です。この範囲を超えると性能や寿命の低下の原因になります。

・バランス特性:複数の台数での直列及び並列使用は充電や放電において個々の状態のバラツキを生じる為、寿命の長短や性能の優劣が生じますので出来る限り避けてください。


メンテナンスについて

・メンテナンスフリー:オプティマバッテリーは液入り開放型では無い為、横置きで使用しても液漏れの心配がありません。バッテリー内の反応によるターミナルの腐食はありませんが外的要因の腐食の際は金属表面の整備を行って下さい。オプティマバッテリーは全く補水を必要と致しませんので無理にこじ開けたり防爆バルブを開いたりしないで下さい。防爆バルブに故意に触れる必要は有りません。

・バッテリーの上面が濡れている時はトラブル防止の為、拭き取って下さい。

・使用環境の整備:オプティマバッテリーが回りの環境により高温に成らない様、換気や熱遮断を行いバッテリー本体を常温化させて下さい。

・定期点検:一定期の点検にもとずいてバッテリーの寿命がきた時には交換を行って下さい。
それを過ぎて使用をした場合はトラブルの原因となりますのでお止め下さい。


充電について

・充電器:充電にはオプティマ純正チャージャーの『イエロー/ブルーTOP用』と『レッド/オレンジTOP用』の専用品をお勧めいたします(別売)。充電器の使用に関しては各それぞれの取扱説明書を参考に行って下さい。もし、これ以外を使用する場合はオプティマ用か密閉MFタイプ用に設計されている機器を選ばれた上で充電方法を当社までご確認下さい。(オプティマの場合は一部、方法が異なる場合が有りますので、ご相談の際には充電器のモデル名を告げて下さい。)

・充電方法:バッテリーを充電する際は必ず外部との接続を遮断し換気のよい場所にて行って下さい。

・システムにセットした状態での充電はお止め下さい。

・バッテリーを直列や並列状態で充電を行う際は、方法を間違えると製品の破損、人身事故につながる可能性がありますので当社までご相談ください。

・充電条件に関しては車載の場合、システム使用の場合、オプティマの純正充電器以外を使われる場合等それぞれ異なりますので下記ページ最下部のデーターを守って下さい。

http://www.gw-i.com/optima/t-word.html

・充電中及び充電直後は火気や電気火花等に特にご注意下さい。


保管と廃棄

・保管:乾燥した涼しい所に保管をして下さい。オプティマバッテリーは自己放電率が非常に少なく満充電のバッテリーを12ヶ月間放置しておいても再充電をすることなくエンジン始動には使用する事が出来ます。24ヶ月間保管しておいても再充電により100%復帰しご使用いただけます。

・廃棄:処理方法は法令で決められております。有資格業者にて適正な処理を行って下さい。(オプティマバッテリーは新リサイクル法の対象にはなりません。)

有限会社共立電機  カーエレクトロニクスショップ   http://kyoritsu.car-denso.net/
〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町11-4 TEL. 045-453-3472 FAX. 045-461-5283
〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川5-35-7 TEL. 045-911-4758 FAX. 045-911-4735

IE5.5〜/Copyright(C)2004 KYORITSU DENKI.LTD All Rights Reserved / Powered by Craft