ナビ エアコン 横浜 共立電気 ホームページカーエアコン カーナビ バッテリー オルタネーター スターター コンプレッサー リビルト
車の電装 電気 修理 整備 取付 持ち込み 出張可 快適カーライフのサポーター!
神奈川県 横浜市 本社・神奈川区/港北(営)・都筑区 共立電機
レトロフィット

TOP/基本構造のおさらい/レトロフィット・・・R12→R134aへ交換/キット装着/リビルトコンプレッサ

レトロフィットキットってどんな物?

レトロフィットに最低限
必要なパーツをキット化
レトロフィットに必要なパーツをキット化した物、それが「レトロフィットキット」で、デンソーが自社製エアコンに対応させるために提供している。

セット内容は以下。

・低圧側チャージバルブアダプタ
・高圧側チャージバルブアダプタ
・レトロフィット済み確認シール
・レシーバタンク
・Oリング
・コンプレッサーオイル
コンディションのよいエアコンならこれらを組み込み、真空引きをしてR134aをチャージすればよいが、R12システムはそもそもその車歴からいってかなりの使用年数を経過しており何らかのトラブルを抱えている可能性が高い。(例えば下記のような箇所が要注意。)このため、同時作業としてシール/オイルをR134a用に交換済みのコンプレッサ(リビルト品)への交換が推奨される。また今後のことを考えれば予防整備として一通り手を入れるのがベスト。


エアコンシステム主要パーツのチェック

エキスパンションバルブ コンプレッサが焼き付くと金属粉がサイクル内を循環し、ここで詰まってしまう。年数が経過した車ではかしめが緩んでガス漏れを起こしやすい。
エバポレータ エアフィルターが無いシステムだとゴミやホコリが堆積しやすく、湿気があるため老朽化が進みやすい。明確なガス漏れ箇所が特定できないのに漏れるようなら要注意。画像左下部分はガス漏れの跡で同時に漏れたオイルが付着し真っ黒。
コンプレッサ 冷却システムの心臓部。高圧がかかる部分だけに、年数が経過してくるとシール不良などのトラブルを抱えている可能性が高い。R134aはより高圧になるため、交換が望ましい。
コンデンサ 乗用車の場合エンジンルームの最前部に設置されることが多い。そのため老朽化も進みやすく、事故歴のある中古車では損傷していることもあるので要チェック。
パイプAssy これはエキスパンションバルブとホースを繋ぐパイプ。古くなると接続部のかしめが緩みガス漏れが起きやすくなる。
ホース 高/低圧ホースの両端は金属パイプがかしめで取り付けられている。年数が経過するとこのかしめが緩くなる。できれば交換がベスト。
各接続部Oリング キットではレシーバタンク部のみとなるが、できることなら各接続部にセットされているOリングを全て交換したい。

有限会社共立電機  カーエレクトロニクスショップ   http://kyoritsu.car-denso.net/
〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町11-4 TEL. 045-453-3472 FAX. 045-461-5283
〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川5-35-7 TEL. 045-911-4758 FAX. 045-911-4735

IE5.5〜/Copyright(C)2004 KYORITSU DENKI.LTD All Rights Reserved / Powered by Craft